結果表の見方

「基準値」 ・・・・健康な人の平均値です。

健康診断の検査結果は、「個人報告書」で知らされます。これは、検査データにもとづいて、 医師が健康状態を判定し、その所見を記入したものです。
検査結果の判定は、画像データなどで診断されるものもありますが、数値データは、「基準値」 をめやすに判定されます。
基準値とは、一般に健康と考えられている人の平均値をいいます。
ですから、基準値の範囲外 であれば異常で、範囲内であれば正常とは、いちがいにいえません。
基準値はあくまでも一つのめやすであり、基準値の範囲内であっても安心できないケースもあります。特に、基準値と異常値の境界あたりの数値の場合は要注意です。また、検査値が基準値外でも、病気が発症しているとは限りません。
まずは医療機関で受診して、くわしい検査を受けることが大切です。

検診項目と基準値

検査結果は「総合判定」で評価される

血液検査の肝機能や腎機能などでは、多くの検査項目が設定されています。
これは、医師が、一つの検査結果で正常か異常かを判断するのではなく、それぞれの検査データを組み合わせて総合的に判定(総合判定)するからです。
検査結果の判定は、通常、次のような段階で示されます。

検査結果の判定
A 異常なし 特に所見は認めませんでした。
B 軽度異常 軽度所見や治癒した所見を認めました。日常生活に心配ありませんが、指示があればそれに従い経過を見てください。
C 経過観察 すぐに受診する必要はありませんが、指示があればそれに従い経過を見てください。
C1 生活改善6ヶ月 現在服薬等の治療的措置は必要ありませんが、生活習慣の改善等で疾病を予防しましょう。指示された時期に検査を受け、改善が見られない場合は医師の指導を受けてください。
C2 生活改善3ヶ月 同上
D 要医療 医師の指導又は治療を検討してください。放置しないよう注意してください。
E 要精査 治療の要否を確認するため詳しい検査(二次検査)を受けてください。放置しないよう注意してください。
F 判定不能 健診時になんらかの影響で正確な診断ができませんでした。再検査をお勧めいたします。
G 現在治療中 このまま治療を継続してください。関連する項目にも現在治療中の判定が付く場合があります。

「個人の基準値」に注目しましょう

健診結果表を受け取って、ひととりざっと目を通すと、処分してしまう人がいます。
しかし、これでは健診を受けた意味がありません。
検査の数値は、ある時点のもので、食生活やそのときの体調で変わってきます。
特に血圧や血糖値などは変動しやすく、何回か測定しないと本当の状態はつかみにくいものです。
健診をより効果的に生かすためには、繰り返し健診を受けて過去の検査データを保管し”自分にとっての基準値”を把握したうえで、その値の変化に注意することが大切です。
検査結果を自己判断するのは危険ですが、医師の診察や精密検査を受けたときなどに、現在と過去のデータを提示すれば、より正確な診断をするための材料となります。